神戸経済の飛躍を目指した7本の政策


1. 構造改革

  • 行政構造改革

  • 公共料金の見直し

  • 小さな行政機構

2. 財源と権限は地方へ

  • 地方分権(中央集権と東京一極集中を打破し、将来の多極化、人口分散を実現する)

  • 既得権益と闘う成長戦略(衰退産業から成長産業や不可欠な産業への人材移動を支援する)

  • 受益と負担の公平(受益と負担の公平の確保と持続可能な社会保障制度を構築する)


3. 神戸の街づくり

  • 神戸文化・伝統の再発見

  • 健康に過ごせる街、寝たきりゼロ!

  • 災害に強い街(通信インフラの整備、病院船など)


4. 医療・テクノロジー

  • 神戸医療特区の活用(ICT化、HER、EMR、ヘルスケア、健康寿命の増進、予防医学))

  • 遠隔診療やテレワーク(通信技術の発達と普及が豊かな暮らしを構築する)

  • 補助金・助成金の見直し(ばらまきから、目的を絞った分野目的の為の投資)

5. 少子化対策

  • 出産、子育て不安の解消(産前産後支援、神戸版ネウボラ、保育、育児給付金制度の充実)

  • 現役世代の活性化(現役世代、男女共同参画を支援し、世代・ジェンダー間の協力と信頼の関係を再構築する)

  • 教育無償化(家庭の事情で進学を諦めさせない)

6. 誰もが学べる街

  • オンライン授業の普及・環境整備(検定制度、教育系オンライン、バーチャル教育)

  • 国際都市にふさわしい使える英語教育

  • リカレント教育(いつでも学べる人生100年対策)

7. 高齢化対策 〜介護等〜

  • 介護保険制度改革

  • 認知予防対策(センシング、通信ディバイスの活用)

  • 高齢者の適性を生かせる人材活用(自分のキャリアを生かせる場の整理)

日本維新の会 政策


ISHIN SPIRITS

日本は、もっと強くなることができる。

日本が抱える本質的な問題を解決することができれば、

この国は再生する。

議会改革、行政改革により財源を生み出し、

その財源を今一番必要とされるところに投じる。

その第一歩として議員・首長が身を切ることにより、

まず政治家が覚悟を示す。

これが、私たち日本維新の会のスピリッツです。

国民の声に耳を傾け、政治家目線ではなく国民目線の立場で。

『政策提案型政党』として、以下の活動に注力します。