【活動するにあたってのお知らせ】

兵庫県では、3月後半以降、新型コロナウイルス新規感染者が200人を超える日があるなど感染が急拡大しています。

これ以上の感染拡大を防止するため、4月5日、兵庫県に「まん延防止等重点措置」が適用されました。

そのため、我々も活動に細心の注意を払い、行って参ります。

・毎朝の検温

・マスクおよびフェイスガードの使用

・消毒液の準備と積極的な使用



はじめまして

日本維新の会 衆議院 兵庫県 第一選挙区 支部長

兵庫県一区(神戸市東灘区・灘区・中央区)

一谷 勇一郎(いちたに ゆういちろう)です。

こども達に夢のある日本でありたい。

 

日本は今、少し行き詰まっている様に感じている。

少子高齢化、社会保障・年金問題、1,100兆円もの借金、そしてコロナ禍。

 

我々、大人たちがこれらの問題にため息を付いていてはそれを見ているこども達はどう思うのか。

 

我々、自身も後ろめたいのではないだろうか。

 

日本はダメなのか。

 

そんな事は無い、日本は過去、何度もスクラップ・アンド・ビルドで復活している。

 

既得権益を打破して個人の利益を優先しない。

我々が元来もっている共存共栄を発揮すれば問題は必ず解決する。

 

ため息を活気に変え、こども達に夢のある日本である為に。

 

我々はやらなければならない。

 


 

これからの神戸を担う 一谷 勇一郎 を紹介します!

 

今の国会は、自民党の1強と対案を出せない野党という構図です。これを改めないと、改革どころか政治は後退し、持続可能社会は到来しません。

 

自民党の1強に対してハッキリと対案が出せるのは日本維新の会です。

 

私達は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに大阪関西万博の誘致にも成功しました。

次は、万博をきっかけに経済発展を実現させなければなりません。これには賛同する仲間が必要です。

 

衆議院 兵庫県第ー選挙区(中央区・灘区・東灘区)の一谷勇一郎支部長は、介護施設を経営しており、既存の制度に対する改革が急務であると痛感しながらも、安心して暮らせる次世代を目指して全身全霊で働いています。

 

この真っ直ぐな情熱・魂、医療分野での経験は、経済・地方活性化等の改革で必要不可欠です。

ここにルーキー・チャレンジャーの一谷勇一郎を紹介します。

日本維新の会 副代表

吉村 洋文


神戸から新風を巻き起こす (木, 18 3月 2021)
>> 続きを読む

「身を切る改革」へのご質問について (Tue, 02 Mar 2021)
>> 続きを読む

日本オリンピック委員会(JOC)会長、山下泰裕先生 (Thu, 25 Feb 2021)
>> 続きを読む

パソナグループ・淡路島本社移転について。 (Sat, 20 Feb 2021)
>> 続きを読む

兵庫県・神戸市の人口減少 (Wed, 17 Feb 2021)
>> 続きを読む